ヨーロッパ個人一人旅行記ドイツ編ミュンヘン中央駅から宿へ

ミュンヘン中央駅に降り立った。駅舎は古いがテレビでよく見るいかにもヨーロッパの駅だ。東京だと最近は直通運転が多く、いわゆる始発駅の形をしている駅は都心には少ない。古き良き駅舎だ。活気もある。商店も多くフードコートがある。宿はすぐそばだし、食べる場所に困ったらここにしても良さそうだ。とりあえず駅舎から外に出る。寒い・・・かなり寒い。かなり厚着をしているし、寒さには強いほうだ。だが頭が寒いのだ。周りを見たらみんな帽子をかぶっている。これはしくった。リサーチ不足であった。頭の防寒までは考えていなかった。どこかで帽子を調達せねばまずい・・・とりあえずミュンヘン中央駅周辺は、古い建物と新しい建物が入交りごちゃごちゃしている。人も多く東京とそんなに変わらない。さて宿は近くだ。歩いて5分もかからない。オフラインで地図を見れるアプリがいきなり役に立つ。wifi起動しなくていいからとてつもなく便利だ。さて今宵の宿に着いた。いわゆるホステルだ。安いが相部屋というやつだな。朝から晩まで観光しているのだ。寝に帰るだけならこれで十分だ。日本のようにカプセルホテルはない。日本独自の文化かもしれないが狭くても個室の方がやはり落ち着きそうだ。今ハイは4人部屋だ。建物は綺麗でく広々としている。1泊3000円ほどだし文句も言えない。シャワーは狭くて微妙だが洗えれば十分だ。同じ部屋の人は韓国人二人だ。挨拶された。日本と韓国仲が悪いが。普通に合えば気さくないいやつだ。さて荷物を置いたら食事に出る。周辺の店をいくつか見たがパッとしない。そこで駅に戻りフードコートに行った。ビールとホットドックだ。ホットドックはドイツだからだろうか異常にソーセージがでかい。なかなかうまかった。缶ビールだがこれもなかなか行ける。食事をさくっと終えたら地下鉄Uバーンにのり、マルクト広場へ向かった。夜の旧市街エリアを見ておきたかったからだ。だが日曜日の夜だったので既に店などは閉店していた。かなりくらい。そして最悪なことに吹雪だ・・・駅に降りて5分で引き返した。あすの夜リベンジしたい。

タイトルとURLをコピーしました