ヨーロッパ個人一人旅行記ドイツ編ミュンヘン中央駅からフュッセンへ

さあいよいよ2日目の始まりだ。昨日は移動日だったから本格的な観光としては初日となる。今日の目的地はノイシュバンシュタイン城とヴィース教会だ。いきなり昔から行きたかった世界遺産をめぐるわけだ。ノイシュバンシュタイン城は事前予約したほうがいいとの情報だったが、残念ながら本日分は既に予約分が完売していた。冬だから少ないのだろうか・・・月曜日の平日だぞ・・・きっと朝一番で付けば当日販売チケットでいけるはずと予想を立てて向かう。無謀だ。朝6時くらいのミュンヘン中央駅発の電車に乗り込む。中央駅のキヨスクでパンと飲み物は手配済だ。チケットはバイエルン州で平日電車とバス乗り放題のチケットを買った。めちゃくちゃ便利なチケットだ。赤い電車が来た。いよいよ出発だ。在来線に乗り込む。始発だというのに結構人が載ってくる。日本の電車とは違いボックス席が多い。二人がけの席で窓際に座った。まだ外は暗い。景色はよくわからないのでパンを食べながら事前に調べた今日のルートをスマホでチェックしておく。喉が渇いた。水を飲もう。・・・・・・なぜ炭酸水?普通の水を買ったつもりだったが・・・どこに炭酸水と書いてあるんだ?これはしくった・・・ラベルを見ても炭酸水の目印がわからないぞ・・・困ったwさて電車は片道約3時間近くかかる。在来線だから仕方がないのだが、結構かかる。途中乗り換え駅に着いた。何もない・・・。フュッセン行きに乗り換える。夜が開けてきて外の景色が見える。小さい町が所々に有り、田舎のヨーロッパの風景だ。こうゆうのもツアーではなく一人旅ならでは醍醐味だ。さてフュッセンについた。ここからバスに乗り換えて最初の目的地のホーエンシュバンガウに向かう。バスもチケットを見せればいいだけなので気楽だ。乗車時間は10分ほど。フュッセンの街並みも見てみたかったが時間がないのでスルーする。そして第一の目的地に到着するのであった。

タイトルとURLをコピーしました